アーキ・ドゥ株式会社
 
トップページ施工事例販売物件家ができるまで会社概要よくある質問お問い合わせ
よくある質問
Q&A マイホームのハテナに答えます。
 
Q3.定年後のボーナス払いが心配です。A3.住宅ローンを早めに終わらせるコツがあります。
ボーナス併用支払いを選択する場合、やはり心配なのが定年後のボーナス支払いです。
定年後のライフプランを考える上で重要なこの問題について、住宅購入の先輩方からのアドバイスをまとめてみました。

住宅販売の仕事に長く携わっていると、1つ目の住宅ローンを早めに終わらせて、2回目の住宅購入を考えている方に出会うことがあります。
特別資産家というわけでもなく、ごく一般的なご職業の方です。その方々に共通の特徴といえば、早めに住宅を購入したことと、子供たちが教育費のかからない年代に差し掛かっていることです。

そのようなお客様に、住宅ローンを早めに終わらせる「コツ」を教えていただきました。

 

(1)早く購入すること
40歳購入で20年間、30歳なら30年間と、早く購入すれば定年までに払える期間が長くなります。

(2)子供が独立する頃がポイント
子供の教育費がかからなくなると、年間に50万円ぐらいの貯蓄なら生活スタイルを変えずに可能とのことです。
 

下の図は、35歳の方が2,000万円をボーナス併用支払いで組んで、住宅を購入した場合のイメージ図です。(条件:借入金額2,000万円。金利2.53%。35年間固定金利)

 

定年までの25年間の間に借入金はどんどん減り、60歳の定年時にはボーナス分の借入金は当初借入額500万円から190万円に減っています。
これなら、教育費がかからなくなったころから、準備を始めても間に合います。


住宅購入後イメージ図
「コツ」は、住宅はやっぱり早めに購入することだと思います。

 
 
注目記事
 家ができるまで Q&Aで資金計画が良くわかる!
 

施工事例
平屋住宅2・3階建て住宅二世帯住宅 企画住宅